ほぼノープランで観光する魅力

新しい世界遺産と観光旅行

今年の観光の話題では、去年の富士山に続いて、群馬県の富岡製糸場が世界遺産になるということで、その話題でにぎわいました。毎年どこかで世界遺産が生まれると、日本の場合には、東京のオリンピックもあるので、観光旅行の行き先には困らないということになります。特に群馬県には大きな朗報だったのではないかと思います。大型連休でも5万人が訪れたそうで、全体的な観光客も相当増えているということですし、観光客の目標数も早めに達成しているという話題もありました。やはり話題性があると、観光もしやすくなるということで、建物自体は昔からあったのですから、如何に話題になるかということが、観光では重要かがわかります。

観光旅行ということでは、世界遺産の富岡製糸場だけ見て帰るとい人はいないと思いますので、そのまま周辺を観光して帰るということになり、群馬県の他の観光地にもチャンスが巡ってきているということになります。そこを如何に上手く取り込めるかということが、そこの観光地のポイントになるのではないかと思います。話題で賑わうのは最初のうちだけですから、定着させないといけないということでしょう。これからどのようになるかも、興味深いところです。

関連ページ

Copyright (C)2017ほぼノープランで観光する魅力.All rights reserved.