ほぼノープランで観光する魅力

石川県を観光してきました

石川県を観光してきました。石川県は加賀と能登に分かれているのですが、今回は能登の方へと旅立ちました。能登は本当に他に類を見ないくらいの田舎です。海に囲まれ、山に囲まれ、田舎好きの私としては本当に良いところでした。アパートなどは殆どなく、ほぼ一軒家。しかもとっても大きいものばかりです。ドライブだけでも、素敵な家をみて楽しみ、美味しい空気が吸い、周囲の景色に癒されることができます。

この大自然を活かした特産品として今回紹介したいのが”塩”です。海水を砂にまくという手間暇かかった製法で塩を作るという方法です。塩田というのがあるのですが、実際に行ってみたところ塩むすびを試食させてもらいました。塩なんてどれを食べても一緒だろうと思っていた私に衝撃が走りました。普通の塩に比べて旨みがしっかりあるんです。毎日おにぎりを職場に持って行っているので迷わず購入しました。

他にも日本三大朝市である輪島の朝市は活気があり、様々な海の幸・山の幸を楽しむことができましたし、和倉の方には海を眺めるような形の温泉につかることができました。また、今回は行かなかったのですが珠洲市という能登の先端の方では星空が大変きれいで有名なようです。まだまだ開発できる観光スポットが沢山ありそうです。時間をみつけてまた是非遊びに行きたいと思います。

関連ページ

Copyright (C)2017ほぼノープランで観光する魅力.All rights reserved.