ほぼノープランで観光する魅力

観光のマーケティングにもセグメンテーションが必要です。

企業は世の中の人々が何を必要としていて何を欲しがっているのかを知るためにマーケティングを行います。大学で学術科目としても扱われるマーケティングですが、インターネットの発達により世界中で情報が大量に発信され、あらゆる種類の商品が開発され続けている社会ではかなり難しいものになってきています。少し昔まで、マーケティングとはただ単に世の中の人の多数が欲しい物を探す事でした。物の種類自体も多くなく情報の移動も遅かったので、多数の人が欲しいものが開発できればヒット商品になっていました。

ところが現代ではこの手法はほとんど通用しなくなってきていて、商品開発の際にはどの層をターゲットにするか的確に検討する必要があります。この変化の理由としては大きく二点あると考えられます。一つ目はどの商品も複数の企業から販売されているという点があると考えられます。二つ目はどの場所からでもお客さんは自分の欲しい商品をネット経由で取り寄せる事が出来るという点であるのではないでしょうか。観光になどの商品に置いてもこの現象は起こっています。好みが細分化されている為、大多数の意見を特定するする事は困難でお客さんの好みに合わせる様な商品が増えています。

関連ページ

おすすめサイト

Copyright (C)2017ほぼノープランで観光する魅力.All rights reserved.