ほぼノープランで観光する魅力

観光先では財布が緩みやすい

私たち日本人は旅行をしてその土地の観光名所と呼ばれるところへいくと何かしら記念になるものをさがしてしまいます。物でなくてもその土地の名物などもせっかくだから食べてみようという気分にしてくれます。そういう思考は日本人独特なのかもしれません。あまり外国人が日本へ観光にきて記念になる物を買う姿というのはあまりみられないようなきがするからです。むしろ日本的なものを買う姿はみます。日本人みたいにその土地の観光名所の地名のはいった商品などはあまり購入してないように思えます。そいういう意味では外国の人はお財布のひもがただゆるくなるというのではなく欲しいものだけにひもは緩むというように感じます。

逆にいうと日本人が外国へいっても観光した場所の名前がはいった商品は何かしらかってると思います。そして日本人は特に旅行へいくと気分がハイテンションになるのもあるし、物価が安いと思うとついつい色々買いすぎたりもしてます。普段物欲の無い人でもお財布がゆるんでるように思えます。国内海外どちらでも家に帰ってから時々観光したところを思いだせるという点では良いことかもしれません。ただ、旅行から帰ったあとはしばらくいつもの日常よりお財布が厳しくしめられる傾向も少なくありません。

関連ページ

Copyright (C)2017ほぼノープランで観光する魅力.All rights reserved.