ほぼノープランで観光する魅力

大学キャンパス観光〜立教大学編〜

観光スポットとして私がおすすめしているのは大学のキャンパスです。とりわけ歴史のある伝統・名門大学のキャンパスには歴史的建造物といった見どころが多くあり、大変楽しい時間を過ごすことができます。今回紹介するのは「立教大学」です。JR池袋駅西口から徒歩七分ほどの所にあります。若干わかりにくいですが、標識を頼りに行けば、きっと辿り着けるはずです。

立教大学といえば、本館(モリス館)でしょう。正門から入ってまず眼に入る建物です。東京都選定歴史的建造物に指定されているレンガ造りの建物で、綺麗な蔦がからまっており、とてもオシャレです。また二号館も東京都選定歴史的建造物に指定されていて、青々しい葉が建物全体を覆っています。本館を通って眼に入る建物は第一食堂です。「これが学食!?」と驚いてしまうほど歴史と風格を感じさせる建物です。その内側も木造を基調とした、洗練されたデザインで整えられています。ぜひこの第一食堂でお食事をしてみてはいかがでしょうか。

立教大学には伝統的な建物だけでなく、最新鋭の建物も数多くあります。その中で特におすすめなのが池袋図書館(正式名称ロイドホール)です。蔵書数二百万冊で、その大半が開架です。さらに最新技術を駆使した自動書庫も配備されています。余談ですが、この図書館は一日あたりの来館者数が日本一になったという実績があります。図書館見学は可能ですので、ゲート付近の受付の人に話しかけてみましょう。まだまだ観光スポットとなりうる大学が、日本には数多くあります。いつかまた機会があれば、紹介していきたいと思います。

関連ページ

Copyright (C)2017ほぼノープランで観光する魅力.All rights reserved.